静岡の深蒸し茶を購入する際に知っておきたいこと

深蒸し茶を静岡で購入する時、お茶の専門店など知識豊富なスタッフがいるお店では、さまざまな種類のお茶を試飲しながら自分に合ったお茶を購入することができます。しかし、スーパーやネットで購入する時は、茶葉を比べることや、相談に乗ってもらう店員さんもいません。そんな時に役立つのが、商品のパッケージに表示されている内容です。お茶の袋の裏面などには、JAS法に基づいた「加工食品品質表示基準」によって表示が義務付けられています。お茶の名称、原材料名、原料原産地名、内容量、賞味期限、保存方法、製造者が記載されています。その他にも任意表示の内容として、新茶や一番茶などの名称以外の茶種、産地銘柄、企業名称などがあります。自分でお茶を購入する時には表示されている内容を吟味して、自分に合った深蒸し茶を見つけることが大切です。

深蒸し茶を静岡で購入する時に知っておくとよいこと

深蒸し茶は、昭和30年から40年代に菊川市にあるお茶農家が開発したと言われています。当時、菊川市のある牧之原台地で作られたお茶は、日照時間が長いために堅くて厚くなる傾向がありました。そのため渋いお茶が生産されており、お茶としては不評でした。渋いお茶をいかにまろやかで飲みやすいお茶にするかを研究したところ、蒸し時間を長くして、茶葉の繊維を柔らかくすることで渋みを無くした緑茶作りに成功したのです。これが静岡の深蒸し茶のルーツだと言われています。一般的な深蒸し茶の製造方法は、普通の緑茶は茶葉を摘み取った後で茶葉を10秒から1分程度蒸しますが、深蒸し茶は蒸し時間が約倍の1分から3分となっています。この茶葉を長時間蒸すことによって茶葉の細胞が壊れ、本来のお茶の成分がお湯に溶けやすくなるのです。そのためβカロチンやビタミンEが豊富に含まれています。

深蒸し茶を静岡で買った時の役立つ情報

静岡の深蒸し茶は、茶葉を長い時間蒸すことによって茶葉を柔らかくしてあるため、茶葉の形は崩れやすく、粉状にしやすくなっています。見た目は少々悪いですが、甘みがありまろやかな味が特徴となっています。長時間蒸すことでお茶の成分がお湯の中に溶け込みやすくなっており、本来のお茶の成分を摂取しやすくなるメリットがあります。そのため、お茶の中でも深蒸し茶は特に健康に良いとされています。深蒸し茶に含まれているβカロチンには抗酸化作用が、ビタミンEには免疫機能改善効果と血行促進作用が、クロロフィルには腸内の環境を整える作用があると言われています。深蒸し茶は粉状になりやすい特徴があるため、通常の急須を利用してお茶を入れると目詰まりする可能性があります。深蒸し茶を入れるときには、目が細かい深蒸し茶専用の急須を使用することをおすすめします。