静岡の深蒸し茶の他には無い魅力

深蒸し茶とは、名前の通り茶葉を通常の2倍から3倍の時間をかけてじっくりと蒸したお茶の事を言います。お茶にはカテキンという成分が含まれており、脂肪の吸収を抑える効果があります。その他にも殺菌効果が高い為、うがいをするとインフルエンザの予防になると言われていますし、花粉症にも効果があると言われています。通常よりもじっくりと時間をかけて作り上げる深蒸し茶は、渋みが少なく抽出時間も気にせず気軽に飲めます。何故静岡の深蒸し茶に注目が集まったかというと、お茶の産地である静岡の住民は、日常的にお茶を飲みます。そのお茶が深蒸し茶なのです。深蒸し茶は製造過程でお茶本来の栄養成分が壊れない為、その栄養成分を上手に取り込んでいるというわけです。やはりお茶の名産である静岡ならではの、他にはない深蒸し茶の魅力がそこにあるわけです。

静岡の深蒸し茶を飲むとこんな効果が見られます

静岡県の方々はがんでの死亡率も低く、生活習慣病と呼ばれる病気の発症率も低いというデータが出ています。それは何故か、日本には静岡県の他にもたくさんのお茶の産地があり、美味しいお茶はたくさんあります。ですが、深蒸し緑茶は静岡にしかありません。渋みが少ないので飲みやすいですが、長時間蒸している為お茶特有の香りは少なめです。お茶を淹れてみると濁った感じがあり、お寿司屋さんで出される粉茶に似た印象を受けます。見た目も決して良いとは言い切れません。ですが、お茶に含まれる栄養成分を壊すことなく体内に取り入れられる為、静岡の深蒸し緑茶を日常的に飲み続けることによって生活習慣病の抑制にもなり、花粉症の症状も軽くなったという声もあります。普段飲むお茶を深蒸し茶に変える事で、病に強い体になること間違いなしです。

静岡の美味しい深蒸し茶を選ぶコツ

熱いお茶が好きな人には、是非、深蒸し茶を飲んでいただきたいと思います。普通の煎茶と言うのは、熱湯で淹れてしまうと風味や甘みが失われてしまいます。そのため、70度~80度のお湯で淹れる事が絶対条件ですが、深蒸し茶は熱湯で淹れても大丈夫です。抽出時間が短くても濃い緑色のお茶が抽出できますし、もっと濃いお茶がお好みであれば抽出時間を長くしてもいいです。淹れるお湯の温度・抽出時間を自分の好みで変える事ができるのが、この深蒸し茶の良いところです。深蒸し茶の特徴は、煎茶と違って緑色が濃く濁っていることです。色が濃くて濁っているからと言って、渋みや苦みが強いわけではありません。とてもまろやかで甘みもあります。風味は煎茶と比べると弱いですが、お茶の葉を丸ごと食べているような感覚に陥ります。日本にはお茶を名産に掲げている地域はいくつかありますが、まずは静岡での深蒸し茶を飲んでいただきたいです。