静岡で人気がある深蒸し茶の基礎知識

深蒸し茶を静岡で購入したい方に、深蒸し茶の基礎知識をお教えしていきます。荒茶を製造する第一段階に、茶葉を蒸すという工程があります。この工程は荒茶の性格を決める大切な工程でもあり、蒸す時間によって浅蒸し茶や普通蒸し茶や深蒸し茶というように呼び分けられるようにもなりました。元々深蒸し茶はあったものの、浅蒸し茶という言葉はなかったのですが、深蒸し茶が世に知れ渡ってくるとそれに対して蒸す時間の短い物を浅蒸し茶というようになっていったとも言われています。ただし、両者はいずれも煎茶であるため通常通りに何々煎茶というように呼ばれる事も、もちろんあります。一般的にですが、浅蒸し茶というのは茶葉の形がきれいに伸びていて色は濃緑色で粉が少ないので、上級のお茶などはそれを形容する言葉として「針の様な」という言葉を用いる時もあります。

静岡で深蒸し茶を買うために知っておこう

更に、浅蒸し茶は静岡の山間部で作られるという事が多く、味は概ね淡泊なのですが、お湯の温度や抽出する時間などで味がかなり変わってしまう事があるという、デリケートな一面もあるお茶でもあります。煎茶道に用いられるのは、この浅蒸し茶となります。反対に、深蒸し茶というのは茶葉の形が短くなり潰れており、色は黄色味を帯びている濃緑色で、粉も多く見た目はあまり良くないといえます。普段から普通蒸し茶を見慣れている方には、粉っぽい見た目もあり下級茶のように見えてしまう事もあるようです。ただ、急須で実際に淹れてみるとその色は深く濃い緑色となり、まろやかな香りに甘みも強くコクもあるという大変すばらしいお茶です。淹れ方も簡単なので誰でも美味しく淹れる事ができます。見た目よりも飲むと美味しいというのが、深蒸し茶の特徴と言えます。

静岡の深蒸し茶は健康にも良いと言われている

先述の通り、深蒸し茶は濃緑色をしていますが、この色は可溶性の成分とお湯に溶けずに急須の細かな網を潜り抜けてきた葉緑素や、小さくこなれた茶葉によるものです。昨今言われることが増えましたが、お茶にはビタミンAやビタミンEに食物繊維や葉緑素にミネラルなど体に良い成分が沢山入っており、どれもお湯に溶けにくく茶殻と共に捨てられてしまう事が多い成分です。それを防ぎ体内に摂り入れる為に、最近は粉茶が流行しています。普通の茶葉を粉上にひけるようになっている器具や、静岡でも抹茶のように粉末となったお茶なども売られているくらいです。ただ、粉末のお茶だと通常の茶葉でお茶を淹れるよりも使用する茶葉の量が少なくなるので、通常通りにお茶を淹れて湯呑に残った茶葉は全て飲んでしまうという方が、健康に役立つとも言われています。